ミョウバンで顔汗を防ぐ

顔汗を抑えるのにミョウバンが有効な方法だと言われています。
ミョウバンは漬物に使ったりしますし、体臭予防に効果があるとされていますが、
皮膚を収斂させる作用で汗腺を引き締めることができるそうです。
なお、古代ローマ時代に汗と体臭を抑えるために使われていたという説があるようです。
この説の真偽のほどはともかくとして、事実ミョウバンは顔汗を抑える効果があります。

 

■ミョウバンで顔汗を抑えることができる作用
ミョウバンを肌に塗った時の作用は、収斂作用、皮膚を酸性に保つ作用、
そして酸化還元反応作用です。
この3つの作用のうちで顔汗を抑える効果があるのは収斂作用です。
収斂作用とは引き締め作用で、ミョウバンを塗った部分の汗腺が引き締められます。
したがってミョウバンを顔に塗ると額や頬に分布している汗腺を塞ぐことができます。

 

■ミョウバンは顔汗での臭いを消す作用もある
なお、皮膚を酸性に保つ作用と酸化還元反応作用は消臭効果があるとされています。
この理由は、顔の皮膚を酸性に保つことで、
汗に含まれる皮脂をエサにする雑菌の繁殖が押さえられることと、
酸化還元反応に臭い成分を中和する働きがあるからです。

 

■ミョウバンの使い方
顔汗を抑えるミョウバンの使い方は、粉末状にしたミョウバンを顔に塗る方法と、
水で溶かしたミョウバン水を顔に塗る方法があります。
顔汗を抑えるには粉末状が、ついでの臭いも抑えるためにはミョウバン水が効果的です。
なお、ミョウバン水の作り方は簡単で、
市販のミョウバンを1.5リットルのペットボトルの水で溶かすだけです。

 

■ミョウバンの安全性について
ミョウバンの安全性について付記しますと、ミョウバンが目に入ると視力が低下する、
あるいはアルツハイマー症のリスクが高まるなどと言われたことがありますが、
このようにミョウバンそのものだけを使う場合は、
そのようなことはないという研究結果が報告されています。